歌舞伎町のキャバクラに触れる

東京には、たくさんの繁華街・歓楽街があります。
特に有名なのは、歌舞伎町ではないでしょうか。
この他にも、渋谷や池袋、六本木、銀座などいろんなエリアがあります。
こういったところにはいろんなお店が建ち並んでいますが、その中の1つキャバクラについてお話していきます。
また歌舞伎町キャバクラにフォーカスしてお話していきます。

みなさんの中には、キャバクラ=歌舞伎町といったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
おそらく水商売をテーマとしたドラマや漫画、小説などで、よく歌舞伎町が舞台に選ばれるからだと思います。

男性なら「一度は足を踏み入れてみたい!」と思う人もいるのではないでしょうか。
そんな歌舞伎町キャバクラの魅力に迫っていきたいと思います。

歌舞伎町とキャバクラ


歌舞伎町には、何とも不思議な魅力が感じられますよね。
夜と昼では、雰囲気がまったく違って見えます。
最近では、外国人観光客も増えていて注目されている街のようです。
ナイトスポットとして有名ですが、マニアックなお店からおいしいグルメが食べられるお店までたくさんあります。

そんな歌舞伎町は、昭和60年代からのキャバクラブームの火付け役となった街でもあるんですよ。
その中でも「新宿キャッツ」というお店から始まったと言われています。
このお店は、「ごく普通の女子大生」が働いているということをウリにしていて話題になりました。

今では、数えきれないほどのキャバクラ店が軒並み建ち並んでいるので、選り好みできる良い時代になったと言えるかもしれません。

眠らない街歌舞伎町


歌舞伎町といえば、「眠らない街」なんて呼ばれることも多いですよね。
眠らない街と呼ばれているのは、やはり遅い時間帯になっても街のネオンで明るいから。
そういった雰囲気もあって、何となくかっこいい響きというか、どこか憧れを抱いてしまう不思議な魅力があります。

みなさんも知るように歌舞伎町は歓楽街。
ですからキャバクラはもちろん、ホストクラブやスナック、ゲイバー、カラオケなどいろんなお店があります。
ネオンサインがたくさんあって、もしかしたら昼間よりも夜のほうが明るくきらびやかに感じるのではないでしょうか。

歌舞伎町の昼間の魅力は?


歌舞伎町と聞くとどうしても夜のイメージが強いですよね。
キャバクラの他、いろんな風俗系のお店や飲食店が混在しているのがこのエリア。
しかし実際には、おいしいグルメが楽しめるお店なんかもたくさんあっておすすめですよ。

そのため、昼間はそういった飲食店目当てで訪れる人が多いようです。
カラオケもたくさんあるので、昼間は若者が多い街と言えるでしょう。
昼間なら旅行や観光としても、安心して歩くことができると思いますよ。
外国人観光客も多いので、非常に賑わっている街ですね。

歌舞伎町の真の魅力は夜にある


やっぱり歌舞伎町の魅力は、夜にあると言っても過言ではないでしょう。
上でもお話しましたが、キャバクラ・ホストクラブ・バー・キャバレー・カラオケ・ラブホテルなどが密集したエリアです。
こういったお店が何と3,000軒以上ありますから、まさに欲望の街です。
ちなみに歌舞伎町は、「眠らない街」の他にも「欲望の迷宮都市」や「外国人労働者の新租界」なんて評されることもあります。

みなさんがテレビや漫画などを通じて見てきた「歌舞伎町」という世界のイメージ。
そのイメージがそのまま現実世界にあると思ってもらっても良いでしょう。
きらびやかでどこか不思議な魅力を持った街、それが歌舞伎町です。

夜になれば、キャバクラやバーなどが一気に開店するので、街並も華やかさが増します。
それに合わせて酔っぱらいなどもどんどん増えていきますよ。